九州で既にインフルエンザAが流行して学級閉鎖!!

ニュースで九州で既にインフルエンザA型が流行し、学校や幼稚園が学級閉鎖になっていることが報道されました。

ここの所、子供が高熱で寝込んでいたので、もしかしてインフルエンザAだったんじゃないのか!?疑惑発生…

Sponsored Link

うちの子も先週土曜日からいきなり40度近い熱を発症し、火曜日まで38度中から37度後半をウロウロしている状況が続き、

今日やっと熱が下がってきました。

医者からは夏風邪でしょうと言われ、整腸剤のみ出されました。

冷房付けてないのに、寒気が物凄く、2月中旬にインフルエンザA型になった時と症状は同じ。

前回も下痢や喉の痛みなどもなく、症状も似ている…。

もしかして、インフルエンザAじゃなかったのか?

そんな疑惑が生じてきました。

→症状
9/10(土)夕方40度近い熱
9/11(日)39度〜40度
9/12(月)38度〜39度
9/13(火)37度中〜38度中
9/14(水)朝の時点で36.9度

最高体温40.2度

医者もこの時期インフルエンザだとは思っていない!

医者もまさかこの時期にインフルエンザになるとは思いもしないと思うので、夏風邪と判断したのだと思います。

熱が下がった今となってはインフルエンザ検査は出来ないので、インフルエンザだったのか分かりません。

でも、九州でインフルエンザが流行して、しかも学級閉鎖まで起きている事を考えると…

参考ニュース→インフルエンザで学級閉鎖 北九州市で今季初

インフルエンザ予防接種は早めが良い?

早めが良いと思います。

と言うのも、現状で流行しているので、それがいつ他の地域に移っていくか、もう時間の問題ですよね。

まだ流行る前なので、ワクチンの供給量も少ないはずです。

今ある内に子供や妊婦の方は受けに行った方が安全かもしれません。

麻疹の予防接種ワクチンが足りない為、普通の人は受けられない状態

麻疹にも同じ事が言えます。

麻疹は既に予防接種ワクチンが足りなくて、子供や妊婦優先で、普通の人は来ても病院側が拒否するみたいです。

なので、麻疹の予防接種を受けたい人は、先に病院側に電話で聞いてから予約して行ったほうが良いでしょう。