弁護士ドットコムさん、弁護士名乗るなら引用の要件ぐらい満たしてください。

当サイトの記事はiemoをはじめとするキュレーションサイトやバイラルメディアに殆ど全文と言う形で転載された経験があるのですが、文章を転載しながら、転載元を記載していなかったのが、弁護士ドットコムさんです。

Sponsored Link

弁護士ドットコムさん、これ著作権違反ですよ

著作権法の引用の要件を満たさずに、許可なく文章やコンテンツをコピーして使用すれば、それは剽窃であり、著作権違反になります。

転載サイトは以下のページです。

弁護士ドットコムさんからの引用画像

引用元:NHK、視聴者の許可なく住民票の写しを取得…法的に問題あるの?

リンク先を見ていただけると分かるのですが、「」でサイト内容を引用していながら、出所を示す転載元や転載元へのリンクが記載されていません。

これではキュレーションサイトと一緒になってしまいます。
ちなみに弁護士ドットコムの「インターネット」の法律相談には一切相談なんてしていませんし、転載を許可したこともありません。

「弁護士」を名乗ってサイトを運営しているなら、きちんと著作権法上の引用の要件を守ってください。

なお、この記事も引用する場合はきちんと転載元を記載し、リンクをすること、全文掲載およびそれに近い行為は行わないこと。

引用 – Wikipedia

これほど、キュレーションサイトの著作権問題が表面化している中、著作権違反するようなサイトはないと思いますが…。

サイトコンテンツを盗用されたら?

バイラルメディアやキュレーションサイトに違法に転載され、サイトのコンテンツを盗用された場合、Googleに申請すればインデックスから削除してくれます。

→参考サイト:無断コピーされたコンテンツをGoogleのインデックスから削除する方法 〜 DMCA侵害申し立てフォームから送信可能 | 海外SEO情報ブログ

著作権侵害の報告: ウェブ検索

また、著作権侵害で通報の多いサイトはGoogleがサイトランクを下げるアルゴリズムを行っているので、是非申請してください。
→参考サイト:Google、著作権侵害で通報の多いサイトのランクを引き下げへ – Engadget 日本版

引用と言っても、iemoのように引用リンクに見せかけて、javascriptでリンクを貼り、リンクを貼っているように見せかける悪質な手法もあるので注意してください。

証拠を残すために、ウェブ魚拓とスクリーンショットを撮ります。
また、HTMLソースを見ないと正当な引用リンクと言えない場合もあるのでHTMLソースも証拠に取っておきます。

iemoはなぜ引用元リンクをjavascriptで表示しているのか?

引用と言いながら他人のサイトコンテンツの殆どを載せると著作権法違反となる

これは主にバイラルメディアに多いのですが、他人のサイトコンテンツの殆どを掲載することは引用とは言いません。
盗用になります。

引用する分量を抑えなければならない。
引用するには目的(必然性)が必要であり、それに必要な量しか引用してはならない。
引用元:引用 – Wikipediaの要件から

バイラルメディアの殆どが盗用となりますので、著作権侵害の報告: ウェブ検索で申請しましょう。