失敗から学んだ良い幼稚園選びのポイント

プレに通わせたものの、幼稚園の内部情報が手に入りづらく、住んでいるところから幼稚園の選択肢が少なく、幼稚園に入学させて、蓋を開けてみたら最悪な幼稚園だった!という経験をし、転勤を機に転園しました。

子供の為にもう2度と失敗は出来ない。

そんな思いから、幼稚園の下調べを徹底しました。

Sponsored Link

幼稚園の下調べ

まずは住む予定の地域の幼稚園リストをざっと20箇所近く集め、その中で、給食、お弁当、カリキュラム、入学金、保育料などの情報を全てEvernoteにまとめておきました。※勿論、そのデータは旦那にも共有

その後、住所が確定し、家から通える範囲に絞り込んだのが5箇所です。

その中から英語を扱っている幼稚園を最有力候補として、

  • 空きがあるか?
  • 英語をしているか?

上記を聞くべく、幼稚園に電話しました。

その事務の電話の対応でも、幼稚園を見極める審査になります。

忙しそうで早く切りたそうだったり、雰囲気や態度が悪い幼稚園は候補から除外。

そうして、最有力候補に電話して聞いてみた所、丁寧に対応されて、「見学に来ますか?」と言われたので、次の日に見学に行きました。

見学時にどこを見るべきか

最有力候補の幼稚園は、既に幼稚園が始まっていたので、校舎を案内され、子供達と先生の様子を見ました。

重要視したのは、

  • 子供達の表情→イキイキとしていると、瞳が輝いています。
  • 子供達がみんな挨拶してくれること→キチンと挨拶が浸透している幼稚園は、教育がキチンと行き届いています。
  • 子供達が人懐っこいか→クラスに馴染めるか大事になってきます。
  • 先生達は笑顔で挨拶してくれるか→子供や保護者に笑顔でいることは大事です。

次に経営者や園長を見ます

見学に行った幼稚園は、親族経営で、理事長、園長、副園長は親戚でした。

理事長と園長が親戚でない場合、理事長の顔色伺いをして、先生達に圧力かけている場合もあるので要注意。※前の幼稚園はそうでした。

娘とその息子に当たる人が園長副園長をしていて、理事長は全く表に出てきませんでした。

応接で待っている時に、園長らしき人がお客さんの対応をしていたのですが、お客さんに親切で丁寧な対応をしていて、その後見かけた時に、先生達と一緒になって園児を笑顔でニコニコ眺めて作業していたのを見て、園児に愛情が注がれているのが分かり、この幼稚園だと思いました。

その報告を主人にした時に、主人も会社で幼稚園の情報を聞いたようで、私が選んだ幼稚園が評判の良いリストに入っていて、主人も決めたと言ってました。

入園後、マラソン大会や運動会で、園長副園長が先生達と一緒になって園児を応援して、同じ目線で動いているのを見て感動しました。

運動会やバザー、登園&降園時間は幼稚園を見る良い機会

最近プレに力を入れている幼稚園がありますが、あれは見せかけになりやすいです。

前の幼稚園で1年間プレに入りましたが、悪いところは隠すので、全く問題点が見れなかった…

そこで、幼稚園の様子を探る絶好の機会というのが、

  • 運動会
  • 公開バザー
  • 登園&降園時間

です。

登園&降園時間に行く場合は、幼稚園に迷惑をかけないように、公共機関で行きます。

授業が始まる前や、バスに乗る前に園庭で遊んでいる可能性が高いので、先生達が園児を見ているかどうか(その際の表情も大事です)

  • 園児達の表情
  • 先生の園児への対応
  • 先生が親に園児を引き渡す時の対応

を観察します。

運動会やバザーは、別の視点から見ます。

  • 年相応の演技をしているか
  • みんなで頑張ろうと言う雰囲気があるか
  • 子供がイキイキ・キラキラしているか
  • 運動会の準備で先生たちが段取り良く動いていて、連携が取れているか(先生同士の仲が悪いと子供にも影響します)
  • 運転手さんや給食の人など普段表に出ない人も出ているか

幼稚園の園庭で運動会の練習をしている様子を見に行くのも良いかもしれません。

と言うのも、親に見せる為の練習だと、園児に圧力をかけた指導をしている可能性が高いからです。

前の幼稚園はまさにそれで、年長さんが運動会の行進の練習をしている時、先生はスピーカーを持って「◯◯=呼び捨て、足上がってない!!」と怒鳴っていました。子供達に表情がなく皆能面でした。

今の幼稚園はみんなで楽しく練習をして、その成果を親に見てもらおうという方針です。

子供達の表情が全然違います。

また、今通っている幼稚園は、運転手さんや給食の人も積極的に行事に参加して、園児に関わっています。

ニコニコしながら、園児達の頭をポンポンしているのを見ると微笑ましい。本当に大事にしてくれてるんだなと言うのが分かります。

お泊り保育でバスの運転手さんと園児が楽しそうに一緒に写っている写真もありました。

行事がある日、夏の暑い中で汗を拭いながら、駐車場の誘導を効率良く進めているのを見て感心もしました。

勿論保護者にはニコニコと挨拶しています。

幼稚園全体で園児を見守っているのが分かると安心です。

大手口コミサイトは信用しない

幼稚園や保育園の口コミサイトは、みんなの幼稚園やウィメンズパークが代表格だと思います。

しかし、みんなの幼稚園やウィメンズパークなどの口コミサイトは、ネガティブ要素は全て排除されてます。

大手口コミサイトが投稿者の幼稚園の酷い実態を隠蔽しているので、新たな被害者が増え続け、最悪な幼稚園がのさばり続ける原因にもなっていることがわかりました。

試しに2つのサイトに事実を載せて実験してみました。

ウィメンズパーク

シスオペが全て削除しました。

▼実際に投稿削除された際のメッセージ

————————
ウィメンズパークでは、利用方法&ルールにありますように、特定の法人に対するネガティブな投稿はご遠慮いただいております。
実際に、該当の幼稚園にお子さまを通わせていらっしゃる親御さんが不愉快に思われたり、これから入られる方が不安や疑問をお持ちになる可能性がございます。

こうした理由から、投稿を私のほうで削除させていただきました。
せっかく投稿してくださったのにこのような事になって大変心苦しいのですが、どうぞご了承ください。

ご不明な点等ございましたら、トップページいちばん下にある「お問い合わせ」へお願いします。
※このメッセージは送信専用のため、返信できません。ご了承ください。

これからもウィメンズパークをどうぞよろしくお願いいたします。
————————

上記の理由でウィメンズパークは投稿自体を消されましたが、はっきり言って被害を受けた側は、これ以上他の子供に幼児期という大事な人格形成の時期に被害を受けて欲しくないと思ってますし、同じ思いを他の誰にもさせたくない一心で投稿しています。

今も前の幼稚園のママさんと繋がっていて、前の幼稚園の事を教えてくれますが、酷い幼稚園に通っているママさんは、子供を幼稚園に人質に取られているようなもので、身動きができません。

在園中に理事長や園長に訴えたところで、先生達に贔屓や意地悪をされる可能性があるので、身動きができないのです。

酷い幼稚園に通わせている親がどんなに辛い思いをしているか分かりますか?

それを運営側が完全に無にするということは、どういうことか理解しているのでしょうか?

入園させる前に、こうした口コミサイトに載っていれば、我が子だって他の子だって親だって苦しい思いをすることはありませんでした。

それだけに綺麗事だけしか載せない大手口コミサイトの罪は重いです。

ある意味被害者を量産し続ける最悪なサイトです。

どうか自分の子供を酷い目にあわせたくない方は自分の目で確認しに行ってください。

おまけにウィメンズパークはSSLが外れているのでセキュリティ的にもマズいです。
個人情報漏洩したベネッセですしね。こうして放置したままって、個人情報を漏洩した企業体質なんだろうなと思いました。

また、子供の情操教育に携わる企業が、このような悪質サイトを運営し、結果的に子供を被害に合わせるような事をしているのは本当に許せません。

みんなの幼稚園

みんなの幼稚園では、不都合な部分を4割削除して、当たり障りのない部分を添削後に投稿者への連絡なしに投稿されます。投稿されるまでかなりの時間がかかります。

評価はそのまま投稿されます。

まだみんなの幼稚園の方が掲示板に真実を載せられるのでマシかもしれません。

利用するなら掲示板を使った方が良いです。

まとめ

必ず幼稚園に行って自分の目で確認してから決めましょう。オプションなどに気を取られると失敗します。

プレだけでは幼稚園の本質は見抜けません。

天と地の差の幼稚園を経験して分かりました。
全ては園児の表情で幼稚園の良し悪しが分かると…

お子様が少しでも良い幼稚園に通い、楽しい幼稚園生活を送れるよう願っています。