MENU

子供の声は騒音か?

一昨日のNewswebでもこの問題が『子供の声は騒音か?』という内容が取り上げられていました。

苦情は余生を静かに過ごしたい高齢者に多いのだとか。

実際はマナー悪い親の苦情の方が多いらしいです。。

行政が周囲住民に十分な説明もなく建てるのも悪いようで、

地域に根ざした行事や丁寧な説明をする事で問題解決するケースが多いと言ってましたね。。

行政も、
閑静な住宅街にいきなり後から保育園を建てれば、
こういう問題が起きる事は目に見えて分かるのに、
対策せずに建てるから悪いんだと思います。

待機児童問題解決を優先しすぎて、
周囲住民への根回しを疎かにするから、
こうした問題が出てくるわけで…

実際、私の伯父の家の前に大きな保育園建てる時も、
何の説明も無かったようですし…。

本当に行政っていつもこう!!

やった後に説明しても、
怒りしか残らないんですよ。

自宅近くの河川工事も、
大きな木を切り倒しまくり、
景観をかなり悪くしてしまいました。

鳥や虫の棲家になっていて、
朝方にそこからカッコウの泣き声も聴けていたのに、
心なしか鳥の鳴き声が減りました。。

そこの大きな木の景色も含めて、
この土地に住もうと決めたのに。

それでいて、
河川工事で説明なく切り倒され、
切った後に公園建てるので、
どのパターンの公園が良いですか?とUR都市機構が手紙を寄越す始末。

建てる前に説明しろよと。

大きな木を斬り倒すことなく、
維持しながら公園作ることも出来たはずです。

あの大きな木が育つまで何年かかったんだろう?

とても残念な気持ちと行政に対する憤りしか残らない。

どうせ、
大きな木を植え替えてとかするとコストかかるから、
切って抜いて、新しい木を植えちゃう方が安上がりだからなんでしょう?

後から説明されても、
納得する住民なんていませんよ。

最初から住民に根回しして、
どれがベストな選択なのか、
地域住民と一緒に決めていかないと、
苦情はなくならない。

寧ろ苦情が起こるのは、
説明しない行政か悪い。

保育園の騒音問題に限らず、
行政のこうした問題は、
住民と一緒に考えていかないと無くならないと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関東に庭付き一軒家を購入したのを機に、ガーデニングに挑戦し続けています。旦那をそそのかしては植物を購入し、試行錯誤しながら育て中♪転勤族の為、2〜3年周期で庭を放置しなくてはいけないのが悩みのタネ。たまに自宅に行くと、アレ?手入れしていた時より植えた宿根草が雑草並みに元気になってる…なぜだ…なぜなんだ!?

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる