MENU

高齢出産の成れの果て

生後8ヶ月になりました。

出産後、細菌性の風邪に悩まされ、一時は良くなっていたのですが、ここ最近の猛暑で身体的ダメージというより、夏バテと冷房の冷えで免疫力が低下しているようで、再び身体にガタが来始めました。

目次

外出していないのに溶連菌に罹る

新型コロナウイルスの影響で、殆ど外出していないのですが、なぜか溶連菌にかかってしまいました。

溶連菌は健康保菌者からもらう可能性もあるので、おそらく子供から移ったのだと思います。

おまけにインフルエンザと溶連菌の検査は、現在病院で出来ないそうです。

喉だけが痛いので、これは溶連菌だと目星をつけて病院に予め電話して行ったのに、風邪症状の人は医師の診察ができない→電話診察して薬を出す形式になっていると、病院に着いてから言われました。

猛暑の中、病院の外で電話診察を受けて、薬局で薬をもらって帰ったのですが、薬の注意欄に妊娠中と授乳中の方は云々と書かれていて、明日電話して確認してから薬を飲もうと寝たら、40度近い発熱。

朝一で電話して、大丈夫だそうなので速攻で飲みました。

既に菌が回っていたらしいのと、水分補給しても授乳で水分を取られるので、中々熱が下がらず、熱が下がるのに2日かかりました。

溶連菌は抗生物質を飲むと途端に効果覿面なのですが、今回は発熱中も乳児の世話をしながらっていうのが本当にしんどかった(;´Д`)

免疫力が低下している影響なのか、抗生物質で良い菌も殺している影響なのか、虫歯を治療した歯が激痛に…歯だけでなく、眼球や頭痛もして、本当にきつい状態になりました。

おまけに授乳中に首の筋をおかしくしてしまいました。

高齢出産の成れの果てというか、本当に身体がガタガタのボロボロの状態です。

新型コロナの影響で病院に行きづらい

新型コロナの影響で、極力外出しない方針なのですが、反面病院にも生きづらい状態です。

子供のかかりつけ医は、完全予約制で予約時間外は他の患者さんがいないので、安心して行けるのですが、他の病院は予約制でなかったり、予約したとしても待たされて、結局待合室が混んでいる状態なので、感染が怖くて行きづらい状態です。

病院に行きづらい状況は、新型コロナで三密を避けられない病院側の対応不足にあると思います。

完全予約制にして、ある程度人数制限して、患者同士の接触を避けないと、安心して行けないんじゃないかな…

子供のかかりつけ医の小児科は、完全予約制を徹底しているのと、複数個室が用意されていて、個室で医師を待って診てもらう仕組みです。

なので、予約前後の患者さんしか会いません。何かあった時、すぐ予約して駆け込めます。

クラスター避けたいのであれば、病院側の為にも患者さんの為にも、完全予約制の個室制にすれば良いと思うのですが…。

東京の病院には行きたくても、電車乗るのが怖くて行けないですね…

それでも近所の歯医者さんに治療には神経抜かないといけないと言われると、東京の凄腕歯医者さんに行かないとダメだなって思ってしまったので、旦那が車で連れて行ってくれることになりました。

ついでにバーバも連れて行き、息子の矯正の相談もしてくることになりました。

元々旦那と付き合っている頃は、その歯医者さんの近辺に住んでいて、車で良く都心を通っていたので行き慣れていると言うこともあって、連れて行ってくれることに!感謝!

出産の関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関東に庭付き一軒家を購入したのを機に、ガーデニングに挑戦し続けています。旦那をそそのかしては植物を購入し、試行錯誤しながら育て中♪転勤族の為、2〜3年周期で庭を放置しなくてはいけないのが悩みのタネ。たまに自宅に行くと、アレ?手入れしていた時より植えた宿根草が雑草並みに元気になってる…なぜだ…なぜなんだ!?

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる