小学1年生

地域パトロールに意味はあるのか?

小学校に入学して、月一でみまもりパトロールがあります。

地域パトロールとはPTAの活動で、腕章をつけて、担当日に子供と一緒に登下校しても良いし、買い物の時にいつもより少し注意して、気になる点があったらパトロール報告書に書くというものです。

我が家は極力登下校は送り迎えしているので、毎日腕章を付けて登下校しています。

グリーンベルトに停車して毎日車で迎えに来る車

もう毎日見るのが、学校前のグリーンベルトを踏んで停車して、毎日車で迎えに来ている人です。

運転手の親は子供が来るまで、車内でスマホに夢中。

この停車している車を避けて生徒が道路に飛び出した時に、対向車と接触しそうになっているのを何回か目撃しています。

普段は人通りが少ないので、車が大きい道路に抜ける為の抜け道(信号機がない)となっていて、スピード出して走るので危ないんです。

車のナンバーを控えて、パトロール報告書に何回も報告しているのですが、一向に改善されません。

地域委員会だよりにパトロール報告書の中で危ない案件が記載されているのですが、1回も掲載された事もありません。

もうずっと報告を無視され続けています。

正直もう半年くらい同じ内容を書いていますね…。

警察もパトカーと白バイを両脇のグリーンベルトに駐車させる

たまに警察も学校前に見守りに来ているのですが、パトカーと白バイ2台をグリーンベルトの両脇に停めるんですよ。

赤色灯を炊いていないので、完全に違法駐車になるんです。

警察も違法駐車しているのに、時間制限ありの一方通行でネズミ捕りしているという矛盾。

そして、パトカーの後ろに停まっているいつもの車も停車して、車がグリーンベルトに2台連なって駐車しています。

反対車線のグリーンベルトには白バイ。

両側のグリーンベルトを警察が塞いでいる状態です。

両脇を塞ぐと2車線が1車線分の道幅しかなくなり、車1台分しか通れなくなります。

しかも、子どもたちはグリーンベルトの外側を歩くことになり、グリーンベルトの意味がありません

子供の登下校時にグリーンベルトに駐車するって、子供の安全を全く考えていませんよね。

それもパトロール報告書に書きましたが、見事にスルーされました。

学校にパトカーや白バイを置けば問題が解決されるのに、それをせずに子どもの通学路のグリーンベルトに停車する福岡県警察は本当に何も考えていないんだなと思いました。

パトロールしている人が殆どいないという事実

毎日クラスごとにパトロール日が決められています。

私は殆ど毎日送り迎えしていますが、腕章を付けて登下校に一緒にいる親は、見る限り2,3人しかいません。

それも毎日同じ人で、毎日登下校に付き添っているおばあちゃんや、特別学級の親しか見ていません。

他の人は全くパトロールしていない!?

半年見ていてそう思いました。

同じ通学路で同じクラスの役員さんですら、送り迎えを1度も見た事がないですね…。

今度から自分の子供だけ見守ろう…そう思いました💧

結論、地域パトロールは意味がない

地域委員会だよりには、必要な際は関係各所に報告していると書いてあります。

しかし、親と学校と警察の忖度が働いているのか、全く危険な事が掲載されない事に、子供の命と忖度を選択した結果、忖度を取ったと判断しました。

我が家は極力、登下校時に送り迎えをしているので、自分の子供だけ見れば良いという結論になりました。

ここまで危ない報告を無視されたなら、パトロールも意味がないし、パトロール報告書を書く時間も無駄です。

次回のパトロール報告書には、

このパトロールに意味はあるのか?

このパトロール報告書に意味はあるのか?

ずっと書いても改善されないのを見ると、パトロール報告書を書く時間も無駄なので、次回以降は書きません。

自分の子供は自分で守ります。

そう書こうと思います。

ABOUT ME
Eternal-tears
関東に庭付き一軒家を購入したのを機に、ガーデニングに挑戦し続けています。旦那をそそのかしては植物を購入し、試行錯誤しながら育て中♪転勤族の為、2〜3年周期で庭を放置しなくてはいけないのが悩みのタネ。たまに自宅に行くと、アレ?手入れしていた時より植えた宿根草が雑草並みに元気になってる…なぜだ…なぜなんだ!?
進研ゼミ 小学講座

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
こどもちゃれんじから始め、小学校入学も引き続き入会しました。

小学講座はしまじろうからコラショにキャラクターがバトンタッチにも関わらず、子供はチャレンジパッドで毎日勉強しています。
メインレッスンが配信されると全30回を1〜3日で終わらせてしまいます(^_^;)

既に勉強する習慣が身に付いているので、毎日コツコツ続けてくれるのはありがたいですね。
メインレッスンが終わると、実力アップレッスンをやりながら、Challenge English(チャレンジイングリッシュ)、考える力・プラス講座をしています。

オススメ度

詳細ページ公式ページ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください