MENU

「ごめんなさい」を教えるのはとても難しい。

昨日は、おしっこを3回漏らされ、
うんちくんも4回漏らされ、
流石に何度も布パンツにうんちくん漏らされるとしんどいかった。。

流石に怒って、
「ごめんね」を言うまで許しませんでした。

中々、ごめんねを言えなくて、
時間かかりました。

怒るのも根気がいります(´Д`)ハァ…
しかし、謝ることを早い段階で覚えさせないと駄目だと思っています。。

「ありがとう」と、
「ごめんね」はちゃんと言えるようにさせなきゃと思っています。

でも、ただ言うだけでは意味が無いんですよね。
何が悪いか、何で悪いのか。
本当に心から反省して謝らないと意味が無いんですよね。

それを伝えるのがとても難しい。

でも、一生懸命教えないと、
後々困るのは子ども自身で、
将来の人格形成に関わってくる大事な部分なので、
本気で怒っています。

こでこの場合、
悪い事したと思ったら、
怒られると思って行動に出るので、

一応悪い事をしたという認識はでき始めています。
ここで、ちゃんと怒って謝ると言う事をしないとダメですね。。

罪悪感という感情を育てないと、
悪いことをしたら何でも許される子になってしまいます。

善悪の区別が付けられるように、
ちゃんと物心ついた時から根気よく親が頑張って教えないといけないと痛感した一日でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関東に庭付き一軒家を購入したのを機に、ガーデニングに挑戦し続けています。旦那をそそのかしては植物を購入し、試行錯誤しながら育て中♪転勤族の為、2〜3年周期で庭を放置しなくてはいけないのが悩みのタネ。たまに自宅に行くと、アレ?手入れしていた時より植えた宿根草が雑草並みに元気になってる…なぜだ…なぜなんだ!?

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる