MENU

環境が異なる場所に長時間滞在する場合、危険な場所をチェックする【2013/1/2】

年末年始、旦那の実家に帰省中なのですが、
色々環境が異なると、
子供の動きも異なるので、
注意しなくてはいけない点が出てきました。

子供の安全を配慮する

普段の自宅だと、
どこが安全でどこが危ないのか、
そしてどういう動きをするのかある程度予測が出来るのですが、

環境が異なると、
常に子供を見張って、
危なくないか気を使わなければならないので、
かなり疲れます(;´Д`)

例えば、テーブルにしろ、
テーブルクロスを敷いていると、
子供がつかまり立ちした時に、
掴んだ布がズレて、
テーブルに頭や顔をぶつけたり。。

テレビ下に置いてある物に触られないように、
布で隠す場合も、
つかまり立ちして、
つかまった布が滑ってコケたり。。

普段の自宅は畳に布団を敷いていて、
畳部分がないのですが、
ゴムが付いて滑りにくい靴下を履いているのですが、
畳の網目に滑って、
タンスの角に頭ぶつけて、
凹んで青いたんこぶ…。

もう気が気じゃないので、
いつも見張っているものの、
子供の動きも普段と異なるので、
旦那実家に帰省して、
怪我して泣くケースが頻発。。

そのせいか、
いつも私も気を張っているせいか、
疲労が全然取れない…。。

子供もあちこちハイハイして危ないので抱っこすると、
かなりの嫌がって拒絶モードで泣く…。

好奇心旺盛だから、
何でも触ろうとして、
旦那のご両親も色んなものを持たせるので、
折角持ってきたおもちゃ…使わない状態(;´Д`)

最初にどこが危なくて、
その危ない場所には物を置いて近寄らないようにしたり、
よく行く場所をチェックして、
その場所に行ったら子供から目を離さないなどの注意が必要だと思いました。

頭ぶつけたりして泣く回数が多くて、
私自身も大丈夫か気が気じゃない状態。。

子供のために気を使ってしたことが、
逆に徒となるケースもあるので、
本当にそれが必要なのかも考える必要がありますね…。
<テーブルクロスの例

いつもと違う場所に長時間滞在する時などは要注意ですね…。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関東に庭付き一軒家を購入したのを機に、ガーデニングに挑戦し続けています。旦那をそそのかしては植物を購入し、試行錯誤しながら育て中♪転勤族の為、2〜3年周期で庭を放置しなくてはいけないのが悩みのタネ。たまに自宅に行くと、アレ?手入れしていた時より植えた宿根草が雑草並みに元気になってる…なぜだ…なぜなんだ!?

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる