MENU

喘息?夜中突然起きて、呼吸がゼイゼイ。

深夜12時時頃、
子供が突然泣いて起き出して、
いつもなら普通に寝るのに、
どうも様子がおかしい。

呼吸がゼイゼイして、
時々オットセイが泣くような、
肺から出すような変な咳を出し始める。

もしかして、喘息かも…?
と、一瞬頭を過ぎり、

自分が喘息になった事がないので、
喘息の症状をネットで探すも、
やはりよく分からない。

そこで、
さいたま市子ども急患電話相談( 048-825-5252 )に電話して、
症状を伝えると、
その様子を電話で聞かせて欲しいというので、
聞いてもらったところ、

喉の奥が腫れているのかもしれない。
一応夜間救急に行ってみてくださいと言われ、

輪番のさいたま市北部医療センターを教えてもらいました。

12時40分頃出発し、
着いたのが1時15分頃。

その頃には子供も落ち着き、
先生に診てもらったものの、
吸引だけで終わりました。

症状が落ち着いてしまったので、
先生も診断のしようがないのか、
旗から見れば診察に手抜きがあるように見えなくもない…

これはちょっとアレルギー検査をした方が良いのかなと思い始めました。

もし、
アレルギーで喘息が発症してしまったなら、
今後その対策をしなければならないと思ったので…

と言うのも、
その日殆ど1ヶ月ぶりくらいの快晴で、
家事スイッチが入ってしまいました。

普段寝ている部屋を徹底的に掃除し、
布団を干し、
タオルケットや毛布や枕カバーも洗い、
枕も天日干しという徹底ぶりをしてしまったので、

それに反応してしまった可能性があるのかな…と。

掃除した部屋で寝て、
ハウスダストで喘息が発症してしまったのか?

診断が終わり、
症状が何なのか分からないまま、
吸引だけで薬も出ず。

もう1時半が過ぎ、
旦那も11時に帰宅し、
夕飯を食べ、
マリオメーカーで遊び終わって、
もう寝るという時に夜間救急に行ったので、

私も旦那も眠気MAX。

自宅から病院まで40分位かかるで、
家に帰ると2時(;´∀`)

持たないと判断し、
家を出る時に私の実家に電話して、
泊まらせてもらうことにしました。

何とその病院から私実家まで、
車で6分の距離だったので…

二人助かりました…
こういう時、同じ市に実家があると本当に助かります。

私の実家はそういう点で、
病院に恵まれてるんですよね。
さいたま市の中心地なので、
どこが輪番の病院でもある程度同じ距離な感じです。

今住んでいる所は、
新興住宅地で近くに病院はないし、
さいたま市の端っこ。
ましてや輪番の夜間救急病院も遠く離れています。

※近くの小児科はママ友から評判が悪いので、別の病院に行った方が良いと言われています(;´∀`)

前に熱性痙攣で救急車で運ばれた時も、
救急車では30分くらいでしたが、
後から車で追ってきた旦那は1時間以上かかって、
さいたま市の端から端までの距離でした…

今住んでいる所は病院だけがネックですね。。

目次

救急車、夜間救急に行く前に子ども急患電話相談で指示を仰ぐ

さいたま市の子ども急患電話相談みたいな問い合わせがある場合は、
救急車を呼ぶ前に電話して聞いてみた方が良いですね。

常駐している人が医師なので、
症状を伝えて、
指示を仰いで、
救急車を呼ぶか呼ばないか、
夜間救急に行くか行かないか、
の判断してもらいます。

もちろん、答えている人も電話だけの情報で判断しなければならないので、
診断してもらった結果と異なる場合もあります。

救急車を呼ぶ場合も、
夜間救急で病院先に連絡する場合も、
子ども急患電話相談で言われた事を伝える事も、
1つの情報になります。

夜間救急で診断された後、
かかりつけの病院に行く事も大事です。

小さい子の初めての症状は気を抜かない

毎日一緒にいると、
子供のちょっとした様子の違いに直ぐ気付きます

何かおかしい
ちょっと様子が変

いつもと違う症状、反応、様子に気付いたら、
子供の症状を出来るだけ把握して、
情報収集し、
行動するに限ります。

ちょっとした見逃しが、
命に関わることだって有り得ます。

子供は特に症状が急変する場合もあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関東に庭付き一軒家を購入したのを機に、ガーデニングに挑戦し続けています。旦那をそそのかしては植物を購入し、試行錯誤しながら育て中♪転勤族の為、2〜3年周期で庭を放置しなくてはいけないのが悩みのタネ。たまに自宅に行くと、アレ?手入れしていた時より植えた宿根草が雑草並みに元気になってる…なぜだ…なぜなんだ!?

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる