MENU

【考える力・プラス講座】子供の想像力がもはやドラクエに浸食されている

【考える力・プラス講座】6月号で、式になる問題を自分で作るという問題がありました。

これは子供の想像力が試されるのですが、我が子の想像力はドラクエ脳に浸食されていました。

目次

創作問題は子供の好きな物に例えると吸収が早い

問題を読んだ時、自分で式を作ると言うことがよく分かっていなかったのですが、前にやった問題の構成を教えたところ、

子供が突然「分かった!!じゃーゴーレムで良いよね!」

私「えっ?ゴーレム?」

子供が書いているのをじっと見る…

子供「ママ、ストーマンだっけ?」

私「ストーンマンだよ。」

子供「ストーマン?」

私「ストーン、マンだよ。ンが入るよ。ストーンマンは石でしょ??ストーンは英語で石という意味だよ。」

子供「…(夢中になって書く)」

子供「ママ、出来たよ!!」

私「(あれ、ゴーレムの数え方は何体だよな…まぁ、良いかwしかし、なんでゴーレム…)スライムとか可愛いの書けばよかったのにw」

子供「良いじゃん!!」

という事で、ドラゴンクエストヒーローズ2でストーンマンを倒せたのがよっぽど嬉しかったのか、子供の中では今ゴーレムとストーンマンが流行りです😅

分からない問題だったら、子供が好きなキャラクターを使うのもアリですね。

その閃き感があると、取り組んでいる集中力といい、時間といい、あっという間ですね。

自分の好きなものに例えるとあっという間なのですが、そのヒラメキがないと全く手付かずになって、分からない!と喚くようになります😅

子供にヒラメキの神様が降りてくるようにするのも親の力量です。

考える力・プラス講座は親の拘束時間が物凄く長い

今日は2項目で計8ページやったのですが、滅茶苦茶時間を拘束されます。

大体1時間以上は付き合っています。

付き添っていないと、子供だけでは解けないので、手助けする必要が出てきます。

子供か壁にぶち当たると、子供も親も滅茶苦茶疲れる😅

なので、考える力・プラス講座をやる日は、それと宿題しか出来なくなります。

頭を相当使って、集中しないとできないので、全て終わると疲労困憊。

他の事ができないくらいです💧

親も子も。

なので、考える力・プラス講座をする前に、学校の宿題を終わらせて、それから取り組んで、ゲームという流れです。

ひらめきの神様を与えてくれるゲームもバカにできないなと思った瞬間でした。

落ち着いて考えれば分かることなのに、一度分からないと、もう分からない分からない!と混乱して喚き出す我が子。

でも、好きな事に例えると、ひらめき感が凄いというか、その発想力が凄いというか…

親も脱帽するくらいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関東に庭付き一軒家を購入したのを機に、ガーデニングに挑戦し続けています。旦那をそそのかしては植物を購入し、試行錯誤しながら育て中♪転勤族の為、2〜3年周期で庭を放置しなくてはいけないのが悩みのタネ。たまに自宅に行くと、アレ?手入れしていた時より植えた宿根草が雑草並みに元気になってる…なぜだ…なぜなんだ!?

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる