小学1年生

さくらんぼ計算で子供の学力差が明確化

私たち親世代ではなかったさくらんぼ計算。

さくらんぼ計算が話題になっているので、我が子が通う学校のさくらんぼ計算事情を述べたいと思います。

さくらんぼ計算の前提

さくらんぼ計算しなかったら、テストで減点されているというのが話題になり、ニュースとなりました。

さくらんぼ計算を徹底させる学校教育に疑問

学校でさくらんぼ計算を徹底していることを公開授業で把握していました。

毎回宿題でさくらんぼ計算を強制させられています。

以前、さくらんぼ計算を書かずに、答えだけを書いて宿題を提出したら、全て書くように指導されていました💧

うちの子はもう既に暗算ができるので、さくらんぼ計算を書くのが面倒臭くなっているんです。

毎回宿題やる時は答えを書いて、答え合わせにさくらんぼ計算を書いている状態で、面倒臭いと連発しながら書いています。

学校では並行して計算カードで暗記させているのに、宿題はさくらんぼ計算を強制させているという矛盾。

ちゃんと理解している子にとってはさくらんぼ計算は無駄ですよね。

学校の授業が退屈で面倒臭くさせているのは、こうした教師の強制があるからでしょう。

人には人のやり方があり、理解の仕方も異なります。

そのやり方に合わない子供もいれば、合う子もいる。

けれど1つの方法に教師が拘り過ぎると、合わない子の可能性を潰してしまう。

1つのやり方を徹底せず、色んな方法を提示して、その子に合ったやり方を見つけてあげれば良いと思うんです。

教師って、それが仕事ではないんですか?

教える事が仕事ではなく、理解してもらう為に色んな工夫をすることが仕事だと思うんです。

少なくとも私が教師を目指して、塾講師をしていた頃はそう思って取り組んでいたので、教師の質が低下しているのを我が子の学校を通して感じてしまいます。

さくらんぼ計算は工程が増えるので算数が苦手な子には逆効果

さくらんぼ計算は計算の工程を増やしているので、算数が苦手な子には1つの式で何回か計算することになり苦痛になっています。

計算が苦手な子には不向きなんですよ。

さくらんぼ計算は理解する為の補助的な役割でしかないので、こういう計算方法もあるという事を教えるのは良いのですが、それをすべての子供に強制して徹底してしまうのは間違っています。

さくらんぼ計算でクラス内の学力差が明確化

公開授業が算数で、さくらんぼ計算を取り扱っているのを見ると、返って出来る子と出来ない子の差がはっきりしていました。

出来る子は暗算で直ぐに終わらせ、さくらんぼ計算をしないと計算できない子はゆっくりめ、出来ない子はさくらんぼ計算でも出来ていない状態。

  • クラスの1/3が暗算で計算して直ぐに暇
  • 遅くても集中して取り組む子が1/3、
  • 集中出来ない子や計算が出来ない子で直ぐに遊び出す子が1/3

直ぐに終わる子が暇そうにしていて、その時間が物凄く無駄になっています。

能力差がありすぎるので、公立学校も学力差でクラスを分ける必要性を感じました。

できない子にはクラス担任と補助教員を付けて徹底指導させ、できる子はどんどん進ませるようにしないと、できる子まで能力を殺してしまう。

できない子が明らかに足手まといになって授業が進まない状態になっています。

少人数制より、学力別クラスの方がよっぽど行き届くのではないか?と思ってしまうんですよね。

分からない子が蔑ろ状態になっているので、もうクラスでどんどん遅れている感が凄かったですよ…。

教師もそれを分かっているから、公開授業であってもイラついているのが目に見えて分かりました。

ダメ教師を辞めさせる時代になってきた

さくらんぼ計算は、分からない子に分かりやすく教えようとして広まったと思うのですが、なぜかそれが変な方向に進んでしまい、強制し、挙句さくらんぼ計算しなかったらテストで減点するというバカな教師も出てくるわけで、教師の恥さらしもいいとこだなと思ったのは言うまでもありません。

時々こういうの上がってきますよね。

無駄を強制させて、やらないとテストで減点されるパターン。

こういうのはどんどんSNSであげて、今の学校の腐った部分を表に出して、ダメな教師を淘汰していかないといけないと思います。

一度教師になったら、不適合でも、犯罪を犯さない限り辞めさせることは難しいです。

不適合者は研修を課し、また現場に戻るか改善がなかったら辞めさせるという流れにはなっていますが、まだまだ不適合教師は沢山埋もれています。

まとめ

さくらんぼ計算は親の間でも賛否両論ありますが、否定しているわけではありません。

分かりやすくやり方を説明する手順の1つとして扱うのは良いと思います。

それを学校で教師が強制、ましてやテストでさくらんぼ計算をしなかったら減点するのはナシだと思います。

解き方は子供に委ねて良いと思いませんか?

子供に委ねて、その子がさくらんぼ計算なら問題が解けるというならそれで良いと思います。

何でもかんでも教師が強制するのは、一種の洗脳で、子供の選択肢が狭まり、視野が狭くなってしまいます。

柔軟な考えを持つ時期に、教師による強制は子供に良くないことをもっと親も知るべきです。

ABOUT ME
Eternal-tears
関東に庭付き一軒家を購入したのを機に、ガーデニングに挑戦し続けています。旦那をそそのかしては植物を購入し、試行錯誤しながら育て中♪転勤族の為、2〜3年周期で庭を放置しなくてはいけないのが悩みのタネ。たまに自宅に行くと、アレ?手入れしていた時より植えた宿根草が雑草並みに元気になってる…なぜだ…なぜなんだ!?
進研ゼミ 小学講座

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
こどもちゃれんじから始め、小学校入学も引き続き入会しました。

小学講座はしまじろうからコラショにキャラクターがバトンタッチにも関わらず、子供はチャレンジパッドで毎日勉強しています。
メインレッスンが配信されると全30回を1〜3日で終わらせてしまいます(^_^;)

既に勉強する習慣が身に付いているので、毎日コツコツ続けてくれるのはありがたいですね。
メインレッスンが終わると、実力アップレッスンをやりながら、Challenge English(チャレンジイングリッシュ)、考える力・プラス講座をしています。

オススメ度

詳細ページ公式ページ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください