年少

幼稚園の初日は、バスに誘拐されるがごとく…

入園式の次の日から、
幼稚園へはバス登園です。

自宅から送り迎えしてもよいのですが、
まだ自転車を買っていないので、
往復30分かかる上、
車の通りが激しい場所なので、
バス登園にしました。

バス登園の場合は、
月3000円なので…。

朝は7時半でバス停待ちです(^_^;)
多分ココらへんのどの幼稚園より早いと思われる。

旦那の出勤時間より早いんですw

そして、初日にバス停待ちしていたら、
何やらこでこの鋭い勘が働いたのか、
家に帰る!って言って、
言うこと聞きませんでした…。

バスが来ると、
案の定イヤイヤ!

もうバスの添乗員の先生に半ば誘拐されるがごとく、
バスの中に連れ去られましたwww

バスに乗って、
出発する時は、
もう顔を伏せて、
ママと目を合わすことなく行ってしまいました…

初日からドッと疲れた…orz

しかし、
家に帰って、
旦那を送り出して、
家に1人でいると、
ものすごく静かで、
居心地が悪いというか、

物足りない…。

今まで毎日一緒に居たから、
居なければ居ないで寂しい…。

とっとと洗濯掃除などを済ませ、
この日は水槽の底床掃除も含めて水換えして大掃除したら、

あっという間に迎えに行く時間に…。

あまりやりたいことできなかった(*_*;

まだ慣らし保育ということもあって、
帰りのバスはなく、
午前中に幼稚園まで迎えに行かなければなりません。

幼稚園に行く途中、
時間に余裕があるものの、
なるべく早く迎えに行ってあげたいと思うようになって、
ついつい走って行ってしまいましたw

幼稚園に着いて、
こっそり教室を覗くと、
メガネ忘れて、
自分の子供がどこにいるのか分からない始末…orz

多分、あれだろうと思って見たら、
こでこもジッと見て、
直ぐに飛んでこないw

幼稚園の先生に言われたのは、
言っても理解していないらしく「うん」としか言わないって言われちゃいました(*_*;

多分言っても理解していないのではなく、
恥ずかしくて「うん」としか言えないの間違いなんですが…。

こでこは、旦那に似て変に賢いので、
言われていることはちゃんと全部理解しているんですよね。

ただ、極度の恥ずかしがり屋なので、
余り慣れていない人には、
なにも言わないか、返事するのがやっとの状態なので…。

普段から言いたいことはちゃんと口に出して言わないと伝わらないよ

ということを言い聞かせているのですが、
中々恥ずかしがり屋は難しいw

私が子供に近づくと、
子供はぎゅーーっと片足にしがみつきましたw
かわゆす(´∀`*)ポッ

担任の先生は、
ちょっと高校大学のお子さんがいる年齢で、
1年ブランクがある先生なので、

旦那はあの先生で大丈夫か心配していましたが、

年少で幼稚園に入れた理由は、
教わることより、
周りとのコミュニケーション能力を高めてもらうことと、

早く世に出して、
競争力を身に付けさせた方がいい、
遅ければ遅いほどそれだけ置いていかれて負けるから…
という旦那の考えだったので、

まぁ、大丈夫なんじゃないかなーと思っているのですが(^_^;)

今の子供達は、
今の時代よりもっと競争率が高くて、
もっと厳しい時代で生き抜かなくてはいけない事が目に見えているので、
そういうのもあって、
もう大学は出来ることなら海外留学へという方針です。

それにはやはりどこに言ってもコミュニケーション能力って大事だから、
幼稚園から周りとのコミュニケーション能力を身に付けさせる事が大事だと思っています。

夫婦二人、
一応人見知りですから…

旦那はそうでもないと思うのですが…はてさて。

帰り道では、
今日どんなことしたの?と色々聞いたのですが、

「えーー!!!」

としか言わないw
まぁ、面白い子に育ってると思いますw

ABOUT ME
Eternal-tears
関東に庭付き一軒家を購入したのを機に、ガーデニングに挑戦し続けています。旦那をそそのかしては植物を購入し、試行錯誤しながら育て中♪転勤族の為、2〜3年周期で庭を放置しなくてはいけないのが悩みのタネ。たまに自宅に行くと、アレ?手入れしていた時より植えた宿根草が雑草並みに元気になってる…なぜだ…なぜなんだ!?
進研ゼミ 小学講座

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
こどもちゃれんじから始め、小学校入学も引き続き入会しました。

小学講座はしまじろうからコラショにキャラクターがバトンタッチにも関わらず、子供はチャレンジパッドで毎日勉強しています。
メインレッスンが配信されると全30回を1〜3日で終わらせてしまいます(^_^;)

既に勉強する習慣が身に付いているので、毎日コツコツ続けてくれるのはありがたいですね。
メインレッスンが終わると、実力アップレッスンをやりながら、Challenge English(チャレンジイングリッシュ)、考える力・プラス講座をしています。

オススメ度

詳細ページ公式ページ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください