MENU

【妊娠36週7d】出産を控えて思う事

2019 12/12

出産を目の前に控えて、思うことをまとめました。

お腹にいる赤ちゃんさえ無事に産まれてくれれば…出産を直前に控えて、そう思うようになってきました。

目次

出産は命がけであること

出産はお腹にいる子供と母体の母親にとって命がけである事。

一度目の出産時は、逆子だったので予定帝王切開になりました。

その時に産まれた息子の首にはへその緒が二重に巻いてあったこと、更に私は出血が多めでした。

当時、無事に出産を終えたとはいえ、死ぬ事と生きる事は紙一重なんだなと。

人生に悔いなし

若い頃から漠然と、自分の子供を持ちたいという思いが心の隅にありました。

それも男の子と女の子の2人。

2人目が中々授からなくて、もう諦めかけていた時に、「あー年取った時にきっともう1人産みたかったなぁって思うんだろうな…、それだけが人生の心残りになるんだろうな…」と思っていたのですが、

幸運にも授かれた。

無事にお腹の子が産まれてくれれば、自分の人生に後悔はないと思っています。

今の目標は、とにかく自分の命よりお腹の子が無事に産まれてきてくれること。

それさえクリアできればと思っています。

もし自分に何かがあったら…

出産は命がけ。

息子には私に何かあったら、妹をよろしくねと伝えています。

出産前に学級閉鎖

息子のクラスがインフルエンザで学級閉鎖になってしまいました。

その為、日中は子供の面倒見なければならなくなり、かなりしんどい状態に。

臨月で胎動でお腹が苦しくなったり、動機息切れが頻発して夜中に起きる事が多くなり、睡眠不足に陥りました。

その為、昼間はウトウトすることが多いし、

日中もお腹も辛く、あまり身動き出来ず、更に動機息切れで苦しくなる頻度も多くなっている為、家事がかなりキツい状態。

家事もできない中で学校閉鎖。

来週に出産を控えていたので、ゆっくりでも休みながら出来るだけ家の事をしてからと思っていたのですが、子供の面倒を見ながらだと、もう無理だと悟りました…。

ストレスで精神的にどん底に

身動きできない中で、子供に言うこと聞かせようとしてもナメられているので、中々言うこと聞かず、イライラが募ってストレスが溜まるようになりました。

本当は出産まで心穏やかに過ごしたいのに…。

ここに来て精神的にきてしまって、出産まで頑張ろうという気持ちがポッキリと折れてしまいました。

頑張ろうという気持ちがなくなると、もう体調が一気に下降気味になってしまい、身動きできない日々が続いています。

更に胃酸の逆流が頻発、胃痛、常に気持ち悪い状況も起きてしまうように。

もう身体が弱ると、更に追い討ちで心も弱くなってしまい、

最悪、自分の命よりお腹の赤ちゃん優先で産めれば良いとさえ思うようになってしまいました。

もう自分の人生の最終目標が、子供が2人産めれば良いだったので、それもあって自分の人生投げやりモードですね…。

とにかく、お腹の赤ちゃんさえ守られれば、自分はどうなっても良い。

そんな感じです。

出産は何が起こるか分かりません。

前回の帝王切開も出血が多かったようで、今回は更に高齢出産で更に何が起こるか分からない。

今まで順調で来ていたのが不思議なくらいなので、どうなるのかな…。

麻酔から目が覚めなかったらどうなるのかな…とか思うようになってしまいました。

もう死を覚悟の上での出産ですね。。

まとめ

とにかく、娘が無事に産まれますように…

出産を目の前に控えて、私の想いはただそれだけです。

この記事を書いた人

関東に庭付き一軒家を購入したのを機に、ガーデニングに挑戦し続けています。旦那をそそのかしては植物を購入し、試行錯誤しながら育て中♪転勤族の為、2〜3年周期で庭を放置しなくてはいけないのが悩みのタネ。たまに自宅に行くと、アレ?手入れしていた時より植えた宿根草が雑草並みに元気になってる…なぜだ…なぜなんだ!?

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる