熱性痙攣後半年間は日本脳炎の予防接種は打たない。

4月に引っ越してきて、今までの住んでいた地域とは予防接種事情が異なるので、母子手帳を持って予防接種スケジュールを確認しに行きました。

Sponsored Link

最初の熱性痙攣を3歳の2015年4月に、
2回目の熱性痙攣を4歳の2016年2月下旬にやっています。

日本脳炎は脳神経に関わる病気なので、熱性痙攣が起きて半年後なら予防接種打てますよと言われました。

前回2016年2月下旬に熱性痙攣をしているので、半年後に予防接種可能だとすると、もう打てる事になります。

熱性痙攣持ちの場合は日本脳炎の予防接種に注意しなくてはいけないことを、初めて知りました(^_^;)

その前にお医者さんには熱性痙攣は4〜5歳になると大丈夫になると一般的に言われているので…と言われ、もうそろそろダイアップ坐薬が必要ないんじゃない的なお話になりかけました。

私もそう言われているのは知っていて、
2回目の熱性痙攣の時に油断したのです。

油断してダイアップ坐薬を入れなかったら、2回目の熱性痙攣になってしまった事を伝えました。しかも4歳で…。

まだしばらくダイアップ坐薬が手放せそうにないです(^_^;)

本当なら精密検査した方が良いのかもしれません。医者から言われたらしようと思います。

熱性痙攣の半年後に日本脳炎の予防接種が受けられると言うのは、日本脳炎が脳神経にあたる病気で、熱性痙攣も脳神経が原因だからと言うことです。

今まで予防接種では副作用などの問題が無かったのですが、熱性痙攣持ちなので、日本脳炎の予防接種を受けるのは勇気が入りますね…。

副作用が心配です。