MENU

3年間不妊治療をして掛かった費用と妊娠した確率まとめ

2019 8/19

3年間、婦人科に不妊治療で通い続けましたが、殆どカスリもしませんでした。

タイミング法による治療で、どれくらい費用がかかり、妊娠した確率をまとめました。

目次

不妊治療の前提

我が家は高度治療は受けない方針でしたので、全てタイミング法での治療です。

高度な治療をするなら、その費用を第一子の学費に回したいという方針だったので、もし第二子が40歳までに出来なかったら諦めるという選択でした。

年齢的にも妊娠するには高齢の部類に入っていましたから、医者からは「すぐに欲しいならもう体外受精を勧めます。」と言われたくらいです。

既に高齢なのに、費用の高い体外受精を受けても、妊娠する確率も低く、お金が湯水のように流れていくのが目に見えていたので、やめる事にしました。

正直、後半は焦って試してみたかった気持ちもありましたが、タイミング法のみで40歳まで頑張り、もし出来なかったら諦めるという選択をしました。

私自身、多嚢胞性卵巣症候群による不妊なので保険適用です。

3年間の妊娠確率

3年間で13%の確率です。

妊娠可能な機会が15回、うち治療による妊娠→稽留流産1回、妊娠継続が1回です。

稽留流産で2ヶ月近く妊娠機会するのをお休みしています。

またクロミッドを続けていたので、子宮内膜が薄くなるのを避けるために、半年くらい病院をお休みしています。

タイミング法による3年間にかかった費用

妊娠するためにタイミング法で3年間にかかった費用は、128,670円です。

稽留流産の手術費や血液検査費用、妊娠による妊娠検査費用や、妊娠超初期の検査費用(自費)など全てを含む費用です。

稽留流産の手術で20万ほど保険から下りているので、不妊治療の費用に関してはペイできています。

タイミング法でこの費用負担なので、もし体外受精で妊娠できなかった場合、3年間の費用は500万近くいったのかもしれませんね…。

妊娠の確率がこれだけ低いと…

流石にこれだけ妊娠の確率が低いと、医者の言う通りにしていれば本当に妊娠できるのか?という疑問を持ち始めます。

クロミッドを飲み続け、子宮内膜が薄くなる可能性もあったので、妊活をお休みした期間に色々考えました。

このまま薬漬けで、体調も不安定になり、不妊治療によるストレスで果たして妊娠できるのか?

数撃ちゃ当たるみたいな薬を使った治療で妊娠の確率は上がっても、流産のリスクも上がるから意味がないのでは?

タイミングを見ているのに、全くヒットしないのは、元々不定期の私には薬を使ってもズレているのでは?

色々悩んで、治療から2年半たった頃に病院に黙って妊活をお休みしました。

病院の妊活をお休みしている間も、自分で排卵検査薬を買ってみて、タイミングはとっていました。

でも中々成果につながらず。

タイムリミットである誕生日が刻々と近づき、流石に旦那がまた病院行った方が良いんじゃないか?と言われ、通う事にしたものの、

医者からは今期は既に周期が46日と長く、卵子の質も悪いから、妊娠は厳しいと言われ、ピルをもらって、生理を早める事になりました。

ここで思ったのは、第一子も周期が長い状態で妊娠しているので、周期が長い=卵子の質が悪いと言えるのか?と思ったんです。

医者の言うことを聞いて、ピルを飲んで次にかけるか?

自分の勘を信じて、医者の言うことを無視してタイミングを取るか?

悩んだ結果…

治療再開したものの、医者の言う事を聞かなかったら自然妊娠という。

正直旦那にお金出してもらって、最後は奇跡的に自然妊娠って、病院通った意味あるのか?って思うことがあります。

私は薬が効きすぎる体質で副作用も酷く、子供が欲しい一心で注射も薬の副作用を我慢して、ずっと治療してきました。

薬や注射は、ホルモンに関係するので、自律神経系に影響を受けて、倦怠感や偏頭痛などの症状に悩まされ、日常生活にも若干支障が出ていました。

欲しくてしょうがない時は授かりにくい

欲しくて欲しくてしょうがない時は全くきてくれず、諦めたら妊娠するってよくあると言われていますが、これは本当なのかもしれません。

諦める年齢に近づき、福岡にいる間は徒歩圏内に婦人科があったけれど、関東に戻ったら電車やバスを使わないと通えなくなり、更に治療費と交通費が重くのしかかります。

そうなると、タイミング法による治療が厳しくなるし、諦める年齢に達しているので、もう完全に諦めようと思っていました。

諦める年齢前の最後のチャンスを、元主治医の言う事を聞いて最後のチャンスを逃すか、自分の勘を信じるかで迷いました。

正直、諦めの境地でしたが、最後に奇跡的に赤ちゃんが来てくれました。

そろそろ妊娠していたら時期的に反応するだろうという時期に、1度目の妊娠検査薬を使ってみたら陰性で、あぁ…今期はもうだめだなと諦めたんですよね。

ところが、生理が待てどもこないので、最後に残っていた妊娠検査薬を使ってみたら陽性反応が出て驚きました。

直ぐに病院に行ったら、一応陽性だけど反応が遅いからまだ分からないと言われました。

陽性反応が遅いということは、タイミングを取った時期と排卵日が大幅にズレていることになるので、本当に奇跡です。

そして、まだ確定ではないですけど、性別は女の子です。

排卵日当日だと男の子、排卵日から2〜3日前だと女の子が生まれやすいということから、そういうことなんだろうなと思いました。

まとめ

3年間、終わりの見えない不妊治療でした。

最後は不妊治療ではなく、自然妊娠で授かることが出来ました。

私は若い頃から自分で期限を決めていたのが良かったのかもしれません。

不妊治療は精神的にも身体的にも負担がかかります。その負担で妊娠から遠ざかっていたのかもしれません。

自分の経験から子供に言い聞かせたいのは、良い人が出来たら早く結婚して、子供を産みなさいということですね…。

妊娠出産育児は体力がある若い方がラクです。

自分と同じに苦しみを、子供にはさせたくないと思いました。

この記事を書いた人

関東に庭付き一軒家を購入したのを機に、ガーデニングに挑戦し続けています。旦那をそそのかしては植物を購入し、試行錯誤しながら育て中♪転勤族の為、2〜3年周期で庭を放置しなくてはいけないのが悩みのタネ。たまに自宅に行くと、アレ?手入れしていた時より植えた宿根草が雑草並みに元気になってる…なぜだ…なぜなんだ!?

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
目次