あさイチ

あさイチ『”こども”のいじめ誰に相談?』弁護士の介入にモヤモヤ。

お産トラウマの次は、こどものいじめがテーマでした。
どちらも母親だったら避けては通れない道。

命がけで産んだ子供を、
いじめからどう守るか…
今から知っておいたほうが良いですね…。


というわけで、メモメモ。

頼れる相談相手がいないが7割

誰に相談したら解決できるのか。

いじめ防止対策推進法

親、相談相手がいない。

高校3年生の息子が1年半いじめ受けている。
ぜんそくで休んでいると、言葉によるいじめ。
入部直後からいじめられていた。

病気を理由にいじめられている事を知って怒り。

反論すると「だったら辞めろ」という切り返し。

「どうしたらいいの、お母さん」
と息子に泣きつかれた。

先生がいじめた子に厳重注意。
相手側の親を呼び謝罪させる。

チクった、殺してやる、消えちまえと半端じゃ無いことを言われた。
返ってエスカレート。

インターネット上で盗撮、誹謗中傷。

教育委員会や知人に相談したが糸口が見つからない。
同じ痛みを抱えた方に相談できればいいけれど、
相談できる人がいないので、孤独。

親に心配かけたくないから中々言い出せない。

親も子供も孤独に…。

第三者がいじめ問題に解決の糸口に

弁護士が第三者に。

いじめは人権侵害。

相談相手も弁護士がクローズアップ。

子供の人権110番
相談は大津以降2〜3割増えている。
1200件。

学校が対策してくれないが最も多い。

子供にどうしてほしいのかを聞く。

相談を受けた時、
被害者の話を聞く→学校と協力→子どもたちのフォローを大事にする。

アフターフォローを大事にしないと、余計ひどいいじめが起こる。
いじめた子も教師がフォロー。

頻繁に学校と情報共有。

被害者に学校の様子を逐一報告。

子供の心を変えるには、時間がかかる。

費用かかっちゃうんだろうなと思ってしまう。
電話相談は無料。

学校とのやり取りが入ると費用がかかってくる。

再発を防ぐためのいじめられた側のフォローが大事。
いじめた側も心の傷があるからいじめているケースがある。

弁護士以外では、自治体に相談すると、臨床心理士やカウンセラーを紹介してくれる。

子供の気持ちを聞きたい。
Eテレ夜7時〜

感想

弁護士に解決を依頼すると、
費用かかってしまうのがネックだなと。

訴えるのではなく、
被害者のフォロー、
学校との協力、
加害者のフォロー
をするということですよね。

電話相談は無料だけれど、
学校との協力や加害者のフォローが入るとお金がかかる。

でもおかしいよね。

自分の子供を守るために弁護士に依頼するのに、
加害者のフォローが入って、
そのフォロー分は被害者が出してることになる。

裁判で徹底しちゃって、
弁護士費用を支払わせた上でならわかるけれど。

なぜ、加害者フォロー分の弁護士費用も支払わねばならないのか。
なんかモヤモヤしちゃう。

だって相手側にもお金を払っている感覚になる。

このモヤモヤを解消するには、
加害者側に弁護士費用を負担させたいるしかないですよね。
その上で加害者の子供へのフォローをするなら良いと思いますが。

そこで、
T大法律学科出身の旦那に、
自分の子供がそうなったらどうするか?と聞いてみたところ、

子供を守ることを第一と考えるのならばアリということ。
うまくいけばいいが、中々、難しいだろう。

いじめをする加害者は少なくとも親の愛情を受けていない可能性が高いから、
そこを解決するのは難しい。

裁判してお金で無理矢理解決しても、
子供だけでなく親まで含んだ一家で恨まれたら、
それこそ命に関わるかもしれない。
放火なんか起こされたら…

確かに弁護士費用は負担させたいが…

とも言ってました。

もやもや〜(´д⊂)‥ハゥ

ABOUT ME
Eternal-tears
関東に庭付き一軒家を購入したのを機に、ガーデニングに挑戦し続けています。旦那をそそのかしては植物を購入し、試行錯誤しながら育て中♪転勤族の為、2〜3年周期で庭を放置しなくてはいけないのが悩みのタネ。たまに自宅に行くと、アレ?手入れしていた時より植えた宿根草が雑草並みに元気になってる…なぜだ…なぜなんだ!?
進研ゼミ 小学講座

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
こどもちゃれんじから始め、小学校入学も引き続き入会しました。

小学講座はしまじろうからコラショにキャラクターがバトンタッチにも関わらず、子供はチャレンジパッドで毎日勉強しています。
メインレッスンが配信されると全30回を1〜3日で終わらせてしまいます(^_^;)

既に勉強する習慣が身に付いているので、毎日コツコツ続けてくれるのはありがたいですね。
メインレッスンが終わると、実力アップレッスンをやりながら、Challenge English(チャレンジイングリッシュ)、考える力・プラス講座をしています。

オススメ度

詳細ページ公式ページ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください