MENU

妊活中に溶連菌→薬は大丈夫?

2018 5/06

妊娠希望時期に溶連菌にかかってしまいました。

子供からと思いきや、なんと子供は免疫力がついたのか子供通り越して、私が溶連菌にかかってしまいました。

4月から毎日のようにスイミングスクールに通い、体操教室にも通い始め、体力がついて風邪をひきにくくなったのかもしれません。

そして、家族で1番軟弱者は、私ということに…。

いつも風邪引くときは喉風邪→鼻水→咳という順番なのですが、一向に鼻水と咳が発症しない状態で、喉だけが常に痛い。

これは怪しい。

溶連菌は抗生物質でないと治らないので、直ぐに子供が通っている小児科に行きました。

先生は溶連菌の検査するか迷ったのですが、ちょうど旦那も風邪を引いていて、私が溶連菌だとわかったら仕事場近くの病院に行くから直ぐに教えて!と言われていたので、検査してもらうことに。

結果、A型の溶連菌でした😓

そこで、女医さんに妊娠希望だと言う事を伝えると、妊娠しても大丈夫な抗生物質と明治トローチを出してくれました。

明治トローチは妊娠時でも平気ということですね。

喉が弱いので、トローチを纏めて処方して欲しいと言う事を中々伝えられない😅

こういう大事な時期だと、薬を使うから躊躇ってしまいますよね。

ですが、溶連菌は厄介な病気なので、必ず病院で診てもらうことが大事です。

その際万が一妊娠していても大丈夫なように、病院の先生にその旨を伝え、抗生物質を処方してもらい、治った1ヶ月後に尿検査する事をオススメします。

目次

今回処方された薬

  • アステラス製薬のサワシリン250mg
  • SPトローチ0.25mg「明治」

この記事を書いた人

関東に庭付き一軒家を購入したのを機に、ガーデニングに挑戦し続けています。旦那をそそのかしては植物を購入し、試行錯誤しながら育て中♪転勤族の為、2〜3年周期で庭を放置しなくてはいけないのが悩みのタネ。たまに自宅に行くと、アレ?手入れしていた時より植えた宿根草が雑草並みに元気になってる…なぜだ…なぜなんだ!?

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
目次